株式会社わたる トップ > 石の品質の見極めについて

石の品質の見極めについて

初めてお墓作りを経験される方が、まず驚かれるのが墓石に使用される石の種類の多さです。色や表情の違い、また同じような系統の色でもたくさんの種類があります。では、いったいどうやって選べばいいのか。基本的にはお客様が「いいな」と思う石を探すことです。とは言え、やはり目安となるものが欲しいところです。そこで確認していただきたいのが、その石が採れた「原産地」と、吸水率などの「品質表示」、また、同じ石の中でも良し悪しをプロが格付けした「等級」です。

品質表示について  ~ 高品質の石を見極める指標 ~

石に詳しくない消費者の皆さまが、その品質を見極めるのは不可能に近いことです。そこで石の質を見極めるためのひとつの目安が、石の品質表示となります。墓石店に足を運ばれた際にも、必ずこの4項目をチェックしてください。

原産地
見極め

どこで採石された石なのか、その石の産地は最も基本的な情報です。当社では展示してあるお墓一本一本にはっきりと表示しています。


見掛け比重
きめ細かさ

同じ体積の水との重さの比較です。数値が大きい程、重く密度が高いことを表します。


吸水率
吸水率

一定の条件で水に浸し、吸収した水分量を計ります。数値が大きい程、水を吸いやすく風化しやすいことを示します。


圧縮強度
強度

一定の条件で石のサンプルに重量をかけていき、どの点で破損するかを計測します。数値が大きい程、強いことを表します。


等級について

同じ種類の石でも、色や石目が異なり、品質に優劣があり、わたるではそれを「等級 として正直に表示しております。ここでは、大島石を例にして石の等級のつけ方をご説明します。

大きく「特級」「1級」「2級」と分けており、さらにその良し悪しによってA、Bランク分けしております。

特級A・B
大島特級 A,B 
大島石の最高級品で、全体の約5~7%しか採れません。
㈱わたるではお墓をつくる過程で特に厳選するので、少し石目に乱れがあるものは“B”ランクとして少し価格を安く区別しています。

一級A・B

大島1級 A

大島石の中のスタンダード。

採石量も多く、安定しています。


大島1級 B

Aに比べると少し石目が乱れるものの、よく見ないと分からない程度。

お買い得です。


ニ級A・B
大島2級
石目が粗く、黒玉、白玉が若干目立ちます。
巻石などに使われることが多い等級です。

※わたるでは、大島石をはじめとする国産の石の他、海外の石にも、種類によって等級をつけておりますので、ぜひご参考にしてください。

わたる取り扱い石の品質マトリックス 

わたるで取り扱いのある全ての石の特徴、品質をひと目で理解できる、マトリックスをご用意しました。 ご自分の求めている石を探す、1つの指標となりますのでご参考にしてください。

マトリックス
問い合わせ
お墓の種類から選ぶ
墓石の種類から選ぶ
わたるのお墓へのこだわり
満足のいくお墓を建てるために
仏事の知識
わたるについて